2007年入社 キャリア採用 プロジェクトマネージャー

ドリーム・アーツを選んだ理由

入社当時は、自社プロダクトのひびきSm@rtDBを担当。その後、サポート部門を経て、現在のソリューション開発の部門にいます。
製品開発、ドキュメント整備などの共通系、サポートの問い合わせ対応、プロジェクトマネジメントなど、これまで本当に、いろいろなことを経験してきました。いろいろやらせてもらえた、というほうが、正しいのかな。(笑)

前職は、しがらみが多くて大変でした。物事を決めようにも、なかなか進まない。そういったしがらみのない会社で働きたい、と思っていました。
ドリーム・アーツは、規模もこじんまりとしていて、独自のパッケージ製品を作っている、というのが魅力的でしたね。
そして入社してからも、本当に思ったとおりの環境で、よかったと思っています。しがらみなんて全然なくて、役職を付けずに、全員が「さん付け」で呼び合っているし、IT企業ではあるけれど、メールは出来るだけやめましょう、直接話しましょう、とか。何か問題があっても、すぐに話ができて、そこで決めることができる。無駄な調整や確認に時間を取られることがないから、物事が決まるスピードが速いのがいいですね。

製品開発と顧客ごとのプロジェクト単位の仕事とは、全然違います。まず製品開発では、「作りたいもの」という視点からスタートします。でも顧客と向かい合ってのシステム開発は、まずお客様の想いを聞くところから始まります。そして、どう製品で実現していくかを考えるのです。思考回路がちょっと違いますよね。

私の場合は、前職でもパッケージ製品の導入をやっていたので、違和感なく、両方の仕事を行き来している感じです。
ちなみに、入社時点では、「開発と導入は、どちらを希望するか」と聞かれて、製品開発を希望し、そこに入りました。実は、”ものづくり”という意味で、どちらも好きだし、どちらか片方だけ、というのは違うと思っています。どちらも、やっていきたい、という感じでしょうか。それが出来るからこそ、ドリーム・アーツを選んだ、と言えるかもしれません。

現在のミッション

現在の部署で、部内の情報整理やプロジェクト管理をおこなっています。
当初、情報がばらばらだったり、プロジェクトの状況が把握しきれなかったり、という部分を整備することをミッションに、活動を始めました。基盤整備ですね。
最初は、小まめに情報を収集すべく現場に入り込んだり、プロジェクトのフォローに入りつつ、道筋を作ってきました。現場にも行くし、社内の各部門との調整、さらに、火消し役みたいな部分もあって、実際に入り込んで状態を正常化する、なんてこともやりました。それも軌道にのってきて、実はこれから、かなり大規模のプロジェクトに入ることが決まっています。
タフな状況になりそうですが、自分自身、新しいチャレンジだと実感しています。

他の立場になって、見えることがある

製品開発では、リリース時期が決まっていて、その中で、自分達で機能を考え実装していく、という工程が非常におもしろかったですね。ただ、リクエストがあるとは言っても、独りよがりの可能性もあるわけです。社内でいくら考えても、何が汎用的なのか、実はわからないことも多かった。でも外に出てみて、顧客と話をし、実際の様子を見せてもらったり体感する中で、足りない機能とか、見えてくるわけです。ずっとこもって製品とだけ向き合っているのは、ダメだなと思いましたね。
製品開発エンジニアとして、まわりから言われることは言葉としてわかっていたが、実感として何がダメなのか、はっきりと理解できていなかった。自分で外に出てみて、改めて実感したという感じです。正直、自分が作った製品機能で、外から見て改めてイケてないなあ、と思うものもありました。(もちろん、あとで改修してもらいましたが)
やはり、「顧客の声を聞く」ことの重要性を認識しているので、現在のドリーム・アーツでは、製品開発部門のメンバーも、直接顧客と接点を持つ機会を積極的に作っています。

人を育てるということ

最近は、新卒で入社する人が増えてきたこともあり、自分自身の立場という意味でも、人を育てるということを、結構意識しています。 業務を教えるというよりは、”進め方を教える””アレンジする”という感じです。
やはり、自分でやってみる、ということが一番なので、そこをフォローすることが、自分の役割なんじゃないかと。新人が孤立しないように、フォロワーをつけたり、業務の振り返りをアレンジしたり、環境を整えることを意識しています。
忙しい環境にいると、あまり注意されずに、とりあえず目の前の仕事を乗り切ってきた、なんてタイプの人もいます。悪いクセがついてたりすると、やっぱり、「本当はダメ」だと言ってあげる必要があるし、そういうことは、ちゃんと言わないと、と思っていますね。

今のチャレンジ

まずは、始まったばかりのプロジェクトを計画どおりに推進させ、サービス開始へもっていくのが一番です。規模が大きくチームで進める案件で、関わる人数も多い。プロジェクトとしての成功ももちろんですが、そこに入っているメンバーに成長してもらうことも大事。大規模な要件定義など、ぜひ若手にも出来るだけ経験してもらえるようにし、成長した姿をみたいと思っています。

私自身は、実のところ、技術だけではなく、そこで人と人とをつないだり、物事を推進していくほうが得意だったりもするので、そんな力の発揮の仕方もできればなあ、と思いますね。人を集めて知恵をしぼって、物事を前に進める。関わる人それぞれの良さを引き出し、チームとして力を発揮出来るような役回りをするのが、自分には向いていると思うので、そんな部分に関与していければと。
若干、自分が手を出し過ぎる部分もあるので、そのあたりはセーブしつつ、ですが。(笑)

お客様の話を聞くのは、非常に興味深くおもしろいです。過去に、製品開発に携わっていたからこそ、そういったお客様の実現したい想いを、パッケージで最大限できるようにする、というのが、もう1つのチャレンジです。製品を開発していたからこそわかることもあると思っています。さらに、サポートや運用なども経験し、全体がわかるからこそ、それぞれの立場も理解できる。それを理解した上で、活かしていく、というのが、やりがいにつながると思っています。

昔から、率先垂範ということを意識しています。自分自身がやってみて、その背中を見せないと、だめですね。

働く環境

IT業界は、まだまだ男性社会かもしれません。だからこそ、女性として発言すると、男性以上に聞いてもらえる場面もあって、それで得している部分はあるかもしれません。
女性だから大変なこと、あんまりないですよ。
ドリーム・アーツの良いところの一つは、女性だからといって仕事の範囲を決められてしまうことがないこと。この仕事はダメ、とか、リーダーはやらせない、なんてことはないので、そこはすごく気に入っているところです。前職では、性別での違いがかなり大きくて、同じ年齢の同期がいたら、男性から仕事がアサインされていく、なんてこともあって。適性を見て仕事を任せてもらえるのは、すごくうれしいなあ、と実感しています。

入社を考えている人へのメッセージ

もっと新しいチャレンジをしたい、という人は、多いと思います。自由な環境で自己実現したい、と思いますよね。
ドリーム・アーツは、確かに自由です。が、大変です、とお伝えしておきたいです。
この環境であれば、やりたい、と思っていることは、きっと出来ると思います。自分の範囲が決められているわけではないので、それもいいですよね。やりたければ、いくらやってもいいし、どんな風に動いていもいい。それは、大きなやりがいにつながります。私自身も、そう感じています。
ぜひ、”何でもやりたい人”に、来てほしいですね。


他のスタッフを見る