PEOPLE
人を知る
DreamArtsリクルートサイト > 人を知る > プロデューサーとしての役割
馬本 高志

プロデューサーとしての役割

馬本 高志 アカウント・エグゼクティブ
2014年 新卒入社

これがわたしの仕事

大手企業向けに自社プロダクトをベースとしたソリューション提案を行っています。提案書を作成し、プレゼンやデモを行うだけではなく、お客さまとの約束事がきちんと遂行されているか確認するために、プロジェクトのフォローもしています。関わる人が幅広く調整業務も多いですし、フロントにいるからこそ得られる気づきを社内にフィードバックするという役割も担っており、プロデューサーという表現が一番ぴったりくると思います。

ドリーム・アーツの入社理由

就職活動をしていた当時はまだ大手志向という潮流があった中、あるベンチャー企業の話を聞く機会があり、仕事内容や会社のビジョン、今後の展望が明確で「自分の仕事としてやっている」という印象を受け、ベンチャー企業を見るようになりました。その中でもドリーム・アーツは説明の納得感が高く、社長執筆の「IT断食のすすめ」を読み、「ITは適材適所。使い過ぎはよくないし、でも使うべきところでは使う」という内容に感銘を受け、入社を決めました。

うれしかったエピソード

入社してしばらくは、なかなかうまくいかずつらいことも多かったのですが、現在の部門へ異動になり、自分が担当する案件で初めて導入が決まった時は本当にうれしかったです。その案件は提案内容からすべて自身で考え、わからないなりにも周囲の協力を得ながらプロトタイプの準備やデモンストレーションも行いました。そうした努力が結果に結びつき、「役に立つことができた」と思える瞬間でした。

ENTRY

ドリーム・アーツの想いに共感してくださる方、ご応募おまちしております。