PEOPLE
人を知る
DreamArtsリクルートサイト > 人を知る > 「会社の顔」としての責任感
高橋 侑希

「会社の顔」としての責任感

高橋 侑希 人事
2017年 新卒入社

これが私の仕事

新卒採用担当として、主に就職活動中の学生のみなさんに「ドリーム・アーツ」を伝える役割を担っています。仕事の内容は会社説明会やインターンシップの開催、社外イベントへの出展から、選考のスケジューリングやSNSでの情報発信まで多岐にわたります。採用活動以外にも、社会保険手続きなどの労務、研修制度の運用管理、社内イベントの企画・運営など、社内の人と関わる場面も多く、幅広い業務に携わるなかで日々勉強の毎日を送っています。

ドリーム・アーツを選んだ理由

ドリーム・アーツは規模こそ小さいけれど、事業としてやっていることはビッグ。日本をひっぱる大企業で働く人を、表からは見えないところで支える縁の下の力持ちのような存在であること、そしてそこに自分も貢献できるというワクワク感に魅力を感じました。また、就職活動中に足を運んだ他のどの企業よりも距離が近く、丁寧な選考の進め方から社風のあたたかさが伝わり、「ここで働きたい」と強く思った直感も大きな理由のひとつです。

これから実現したい夢や目標

ドリーム・アーツの第一印象は正直『何屋さんかよくわからない会社』でした。しかし社員となった今は、知れば知るほど魅力もやりがいもたくさんある会社だと、改めて感じています。私と同じような印象を持った方がいたら、それは本当にもったいないこと。初めてドリーム・アーツを訪れる学生のみなさんにとっては『会社の顔』であるという自覚と誇りをもって魅力を発信し、一緒に価値ある仕事ができる仲間を増やすことで、組織としての発展に貢献できる人事になりたいと考えています。

ENTRY

ドリーム・アーツの想いに共感してくださる方、ご応募おまちしております。