PEOPLE
人を知る
DreamArtsリクルートサイト > 人を知る > ドリーム・アーツのファンを増やす仕事
佐藤 万智

ドリーム・アーツのファンを増やす仕事

佐藤 万智 マーケティング
2012年 新卒入社

これが私の仕事

ドリーム・アーツの価値や魅力を、コミュニケーション活動を通じて世の中に伝えるPRの仕事をしています。メールマガジンを配信して企業を応援してくれるファンを増やしたり、メディアから取材を受けた際は、意図するメッセージが的確に伝わるように心がけています。また、ニュースを発表し、みなさんの目に触れる媒体に記事が掲載されるよう働きかけることも広報の仕事のひとつです。このような活動は企業のファンをつくり、ブランドイメージ向上を図る役割を担っており、さらには企業を守ることにもつながるため「信頼を生み出すための活動」といってもいいかもしれません。

ドリーム・アーツを選んだ理由

「ITは道具として使うもの。直接、人と会って対話をするアナログな時間を大事にする」という会社の価値観に共感し、入社を決めました。また、入社前に先輩の話を伺った時、若手でも任せてもらえる仕事の範囲が広く、チャレンジさせてくれる会社だと感じました。実際に私も、入社2年目にして会社で一番大規模なイベントのディレクションを任せてもらいました。苦労しましたが、周りの社員に助けてもらい、自分自身が大きく成長できた良い経験だったと思います。立場に関係なく、提案した企画に対して「よし、頑張ってやってみよう!」と背中を押してくれる会社は、なかなかないと思います。

ドリーム・アーツはこんな会社

やってみないとわからないことや、どのように解決したら良いか答えが見えていない課題が数多く存在するなかで、ドリーム・アーツは「挑戦」する会社です。ドリーム・アーツは困難に真摯に向き合い、課題解決に向けて粘り強く試行錯誤し取り組んでいます。地道な取り組みも多いですが、現場の感覚を大事にしているからこそ“一時的”な満足を得るのではなく、お客さまと長期的な目線で“信頼”を築くことが得意な会社だと思っています。

ENTRY

ドリーム・アーツの想いに共感してくださる方、ご応募おまちしております。